狭い賃貸物件もも工夫次第で快適に

狭い賃貸物件もも工夫次第で快適に

狭い賃貸物件もも工夫次第で快適に

狭い賃貸物件もも工夫次第で快適に
賃貸物件で、一軒家のように広い間取りがなくても、アイデアとセンスで、心地よい部屋に変えてしまいましょう。部屋の中でも、壁紙と床は、部屋の印象を大きく変えるゾーンです。もし築年数も経っている、古い賃貸だったとしても、自分でリメイクは可能です。もちろん壁に穴を開けたり、床を本当に張り替えたりはしないですが、印刷された床のシートや、剥がせるタイプの壁紙で、自分好みにしてみましょう。部屋を広く見せたいのであれば、壁紙はホワイトがいいです。昔ながらの茶色い壁や天井は、部屋を暗くしている原因かもしれません。白い壁紙を貼って、ナチュラルな明るめの色の、木目の床シートで模様替えです。

壁と天井のリメイクが済んだら、部屋のインテリアも陽気なものにしていきます。部屋を広く見せるポイントは他にもあります。部屋の家具を、背の低いものにするのです。背の高い家具があると圧迫感が出てでしまい、部屋が狭く感じられるのです。部屋の家具は、身長低めを選ぶのがベストです。もうひとつ、抵抗がなければ、大きな鏡を壁際に置いてみましょう。大きな鏡があるだけでも、部屋は広く見えてくるので不思議です。鏡の前に、棚や荷物を積み重ねてしまっては意味がないので、モノを増やしすぎないことも大切です。賃貸でも工夫次第で、感覚的に広くも快適にもなるのです。

Copyright 2015 狭い賃貸物件もも工夫次第で快適に All Rights Reserved.